読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

下腹部のたるみを解消するために行っているエクササイズのやり方をアナタは間違っていませんか?

● 下腹部のたるみを解消するために行っているエクササイズのやり方をアナタは間違っていませんか?


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


下腹部のたるみを解消するために下腹部に効くエクササイズに取り組んでいる方って多いですよね? そんなアナタに残念なお知らせがあります。


大半の方(ほぼ100%に近い)が、下腹部ではなく股関節に効かせるフォームになっているので頑張ったほど下腹部に効きません。


下腹部を鍛えるエクササイズの代表と言えば、リバースクランチ(レッグレイズ)です。


これを行う時に、多くの方が股関節をたくさん動かしています。腹筋の筋肉ってどこからどこまであるか知っていますか?

恥骨から鳩尾です。


股関節には付着していなんですね。なので、股関節をたくさん動かしても腹筋にはさほど効きません。


「腹筋頑張っているのに、下っ腹が凹まない」と耳にしますが、何故凹まないのか答えは単純です。

腹筋を使っていないんです。リバースクランチを行う時は、下肢を一定の角度で固定し骨盤を動かさないと下腹部に効きません。


トレーニング経験者でも下腹部に効くように骨盤をコントロールするの難しいので、リバースクランチを正しく出来る人って稀です。下腹部のたるみを解消するって、アナタが思っているよりも難しいんです。


あっ!女性の場合は、骨盤底筋群の筋力低下により内蔵下垂が起きて下腹部がぽっこりする方もいるので、その時は腹筋運動よりも先に骨盤底筋を鍛える必要性があります。


今年こそ下腹部を引き締めたいと思っているアナタ!ポイントは、股関節を極力動かさないで骨盤を動かすことですよ。

yuichi-8.hatenablog.com