札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

痩せたら痩せたなりの身なりの責任を持とう!

● 痩せたら痩せたなりの身なりの責任を持とう!


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


ダイエットに成功したお客様にこんな言葉をかけることがあります。


「痩せたら痩せたなりの身なりの責任を持とう!」


これは、僕の自論です。お客様に必ず実行を促すわけではありませんが、出来れば実行して欲しいなと思っています。何故なら、これを意識すると痩せた後も体型管理がしっかりと出来るので、リバウンドしにくくなるからです。


それと!個人的見解かもしれませんが、痩せていくと周囲の方からは美的な目線・期待が強くなると思います。痩せてなおかつキレイになるとアナタの評価は高まります。


ダイエットに失敗する要因のひとつは、「何のためにダイエットしているの?」というドリームキラーの一言です。これ言われ続けることでダイエットをやめちゃうが多いんですよね。


僕としては、「そんな一言は放っておけ!」と思うのですが、気になる方は気にしちゃうんですよね。ちなみに、僕は言われれば言われるほど、負けず嫌い根性が出てなおさら頑張ります!


でも、痩せるとともに体型に合った髪質・髪型・肌質・服装が変わっていくと、こんな一言が多くなってきます。


「◯◯さん、表情が明るくなったね?」

「◯◯さん、スゴくきれいになったんじゃあない?」

「◯◯さん、痩せてキレイになったんじゃあない?」


実際、某フィットネスクラブでダイエットサポートを行った時に、僕のお客様(50代女性)の変わっていく姿を見ていた他の会員さんから「あなたが指導している◯◯さん。スゴく背中がきれいになって若く見えるようになったね。」と声をかけられました。


僕のお客様でなく、僕に直接言ってきたことを考えると社交辞令ではないと思います(笑)


って、お客様に言うだけでは説得力がないので、僕自身もちゃんと体重を17kgを落とした責任を取っているところです。昨年は、服装や髪型を変えました。


今年は、髪・肌・爪のケアに力を入れています。まだ、僕が行っているケアは女性に及ばないかもしれません。でも、今年1年かけてしっかりと自分なりのケアを確立します。


ということで、こんな本で勉強したりもしています。

 

f:id:yuichi-8:20160107130109j:plain


スキンケアの常識・非常識 [著 木更容子]


ウソくさいですか?今度、僕がどんなケアしているのか紹介しましょうか?結構、女性力あると思いますよ!(笑)

 

yuichi-8.hatenablog.com