読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

ダイエットサポートで指導する食事管理はこんな感じです。

● ダイエットサポートで指導する食事管理はこんな感じです。


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


ダイエットを行う上で食事管理は絶対に必要です。長期的なダイエットであれば、さほど考えなくても良いですが、中期的・短期的で行うとすれば管理・制限なくしてはダイエットに成功しません。


某ダイエット専門ジムが毎日の食事を写真で送るというのを行っているので、「やっぱり、同じようにメニューのチェックするんですか?」って聞かれることが多いですが! 僕は基本的にはメニューの提出はして頂いてません。


お会いして体を診ればダイエットをちゃんと出来ているかいないか、大体わかりますからね(笑)視診をして、お客様から体重・体脂肪の増減を聞いて、順調に行っていれば食事方法は特に変えませんし、変える必要性を感じればその都度指示をします。


食事管理にしても運動にしても、重要なことがあります!


大半の方はダイエット開始時はモチベーションが高いので、何でもやりたがり屋さんになりやすいです。 でも! アナタの気持ちとは裏腹に体はやりたがり屋さんにはなっていません。


なので、急激に色んなことをやってしまうと体がついていきません。場合よっては急激に色んなことをやり過ぎたことによって、体を壊してしまう可能性もあります。


それでは意味がありませんよね? 3〜4週間かけて徐々にやることを増やしていくようにしましょう!


これから僕がダイエットサポートしてきた中でお客様に実践してもらうことが多い食事方法をご紹介しますが、全てをいっぺんにやろうとしないで下さいね。

1.水分補給は基本的に1日2リットルを水で摂取する

体内循環や便通を良くするために水分補給をしっかりとして頂いています。飲み物は水が基本ですが、水を飲むことに慣れないうちはお茶やコーヒーでも可です。

2.食べ順

血糖値の急激な上昇を抑えるために、上昇しにくい物から食べるようにお願いをしています。とは言っても、どの食べ物が上昇しにくいのか覚えるのも大変ですし、よくわからないとき見た目で消化の良さそうなものから食べて下さい。

3.1日2食

お客様のライフスタイルや腸のぜんどう運動の状況によって1日3食は多いと判断した時は1日2食にしてもらうようにしています。「お腹がギューッとたくさん鳴らないようであれば夜ご飯は食べてはいけません。」ってよく言っています。

4.プチ糖質制限

主に主食と言われる、ご飯・パン・麺類の摂取を基本的には控えて頂きます。主食はタンパク質+食物繊維で、炭水化物は副菜と考えて下さいとお伝えしています。週1〜2回は、炭水化物を1食だけたくさん食べること許可しています。


1番から順番に体に慣らして行くと良いです。


プチ糖質制限は、今やダイエットを行う上で基本のように思われている方が多いと思います。僕自身、2015年からプチ糖質制限の生活をずっとしています。


やってみるとわかりますが、開始して2〜3週間くらいは劇的に体重が減ります。でも、糖質中心の生活をしている人は食べなくことに欲求不満になりやすいです。


最初の1週間くらいは我慢出来たとしても、我慢の反動で大量に食べてしまう恐れもあります。


僕はタバコを吸った経験がないのでわかりませんが、もしかするとタバコをヤめるよりも大変なのかもしれませんね(笑)


糖質制限はスグに効果が出やすいので、じっくりと他の3つを体に慣らしてから行っても遅くはありません!

 

yuichi-8.hatenablog.com