札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

痩せやすい体を作るための筋肉ほぐしをYouTubeで公開します!

● 痩せやすい体を作るための筋肉ほぐしをYouTubeで公開します! 


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


柔らかく伸びる筋肉はエネルギー消費が高くなります。


f:id:yuichi-8:20160312122605j:plain



体重・体脂肪率を落とすには、余計なエネルギーを溜め込まないこと消費することが鉄則!そのために、糖質・小麦・脂肪・カロリーなどを制限して余分なエネルギーを溜め込まないようにしたり、筋トレや有酸素運度をして少しでもエネルギー消費をさせるわけですよね?僕のダイエットサポートでは、エネルギー消費を促進させるために筋トレを重要視しています。そして、その筋トレを有効にするために筋トレの前後に必ず筋肉ほぐしを実施しています。筋肉ほぐしは、お客様は寝ているだけで僕がじっくりと施します。


サポート開始1ヶ月くらいは、柔らかく伸びる筋肉はエネルギー消費が高くなるので、かなり筋肉ほぐしに時間を割きます。特にお腹・腰・下半身は入念に行います。一生懸命に筋トレや有酸素運動をしているのに、体重・体脂肪率が落ちにくいという人は、ココが出来ていないことが多いです。運動の前後にちゃんとストレッチやマッサージしているよって方もいるかと思いますが、僕の実施している筋肉ほぐしは、ほぐしたり伸ばしたりする箇所や方法が通常とちょっと違います。筋肉ほぐしと呼んでいますが、実際に受けてみると「これ、ほぐしなの?」ってアナタの想像を裏切ると思います(笑)


筋肉を柔らかく伸びやすい筋肉にするために施した筋肉ほぐしの効果を少しでも長持ちして頂くために、ボールを使った筋肉ほぐしをお客様に次のサポートまで宿題としてやって頂くことがあります。ボール1個と畳一畳分のスペースがあればどなたでも出来る方法で、エネルギー消費を高めるだけでなく、肩こり・腰痛・膝痛の改善、便通改善などに有効的なんですよ。


60代以上が多く集まるグループレッスンで、ボールを使った筋肉ほぐしを行ったらこのような声が集まりました。 


「運動をすると次の日必ず腰が痛かったのが、レッスンを受けるようになってからそれがなくなった。」

「薬を飲まないと便通が悪かったのが、お腹まわりの筋肉ほぐしで薬なしでも便通が良くなった。」

「車の助手席から降りる時、左膝が痛かったのが痛みなくスムーズに降りることが出来るようになった。」

「水泳友達にウエストが細くなったと言われるようになった。それって、このレッスンに出るようになってから。」

「腕が後ろに回らなく、肩の痛みもあって腕を長い間保持出来から編み物が出来なかったのが、レッスンに出ていたら編み物が出来るようになった。そして、作った作品をコンテストに出したら入賞しました。」


大きな効果から小さな効果まで、たくさんのご報告を頂いています。そんなボールを使った筋肉ほぐしをYouTubeに投稿したら、アナタは視聴してみたいですか?って、既に専用のアカウントも取得しているので、視聴者がいなくても投稿しちゃうんですけどね。現在、どんな感じに動画を撮れば良いか検証中です。筋トレの動画撮影と比べてアングルを決めるのがちょっと難しい。撮影方法が決まったらドンドン投稿していきますので、痩せやすい体作りをしたい人は参考にしてみて下さい!


これは、試しで撮った足裏の筋肉ほぐしです。




【無料メルマガ配信中!】

yuichi-8.hatenablog.com