札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

お客様はこうして体重と体脂肪率を落としています。[食事編]

● お客様はこうして体重と体脂肪率を落としています。[食事編]


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


体重と体脂肪率を落としたいのであれば必ず食事管理・制限をしなくてはいけません。筋トレや有酸素運動でも落とすことは可能ですが、それだけだと結構しんどいです。


「ジムに通って運動しているのに痩せないんだよねーー」と言う方の大半は食生活に問題があります。


食生活のどこに問題があるかと言えば…単純に言えば食べ過ぎですね。糖質とカロリーを摂り過ぎちゃっています。


痩せないと言う方の食生活を聞くと、プロでなくても聞いたら太る原因がわかります。不思議と人ごとだと太る原因がわかっても自分のことになるとチェックが甘くなりがちです。


中にはその食べ方・食べ物が太る原因だとわかっているのに、食べることを正当化しようとする人もいます。


もう一度言いますね。体重・体脂肪率を落としたのであれば食事管理・制限をしなくてはいけません!


僕がお客様に課す食事管理は、こんな感じです。

1.水分補給は基本的に1日2リットルを水で摂取する

体内循環や便通を良くするために水分補給をしっかりとして頂いています。飲み物は水が基本ですが、水を飲むことに慣れないうちはお茶やコーヒーでも可です。
2.食べ順

血糖値の急激な上昇を抑えるために、上昇しにくい物から食べるようにお願いをしています。とは言っても、どの食べ物が上昇しにくいのか覚えるのも大変ですし、よくわからないとき見た目で消化の良さそうなものから食べて下さい。
3.1日2食

お客様のライフスタイルや腸のぜんどう運動の状況によって1日3食は多いと判断した時は1日2食にしてもらうようにしています。「お腹がギューッとたくさん鳴らないようであれば夜ご飯は食べてはいけません。」ってよく言っています。
4.プチ糖質制限

主に主食と言われる、ご飯・パン・麺類の摂取を基本的には控えて頂きます。主食はタンパク質+食物繊維で、炭水化物は副菜と考えて下さいとお伝えしています。週1〜2回は、炭水化物を1食だけたくさん食べること許可しています。


これを基本として戦略的・計画的に進めていきます。


食事管理が上手くいっているかを判断するために、


体重・体脂肪率・筋肉量・体温などを毎日記録してもらってりすることもあります。 スゴい手間がかかることですが記録を取ることで、アナタに合った食事方法というのが見えてきます。


実践と検証とても大切です。


ダイエット頑張っているのに痩せないというアナタへ!


毎日、起床後に体重を測って前日との差を比を記録しましょう。


起床後の体重は前日の晩ご飯の影響を受けます。何を食べたかを思い出しながら、前日との差を比べるとアナタに合った食べ物が見えてきますよ!


yuichi-8.hatenablog.com