読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

「病院で、こんなことしてくれなかった。」病院は体の内側から患部の状態を診て、僕は体の外側から診ています。

失敗しないダイエット思考 ダイエット以外の筋トレ指導 ダイエットと筋トレ

● 「病院で、こんなことしてくれなかった。」病院は体の内側から患部の状態を診て、僕は体の外側から診ています。 


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


僕もとには、ダイエットだけでなく肩こり・腰痛・膝痛改善に取り組んでいるお客様もいます。そんなお客様から、時折こんなことを言われます。


f:id:yuichi-8:20160520212952j:plain



「病院で、こんなことしてくれなかった。」


ぶっちゃけ言ってしまうと病院で行っていることと同じことをしていたら、僕、商売になりません(笑)そもそも、病院と僕は「改善の目的」が違うので、お互い違って当たり前なんです。例えば、体の診方


病院は、患部の器質をMRIやレントゲンなどで診て、器質に異常がないかを判断します。僕は、患部周辺の筋肉の弾力性や関節の動きを診て、患部に負担をかけている筋肉を探していきます。もっと簡単に言うと・・・病院は体の内側から患部の状態を診て、僕は体の外側から診ています。体の外側からでも、ある程度、状態は把握出来ますが、やっぱり内側から診た方が的確です。なので、僕は病院での診察をかなり勧めるトレーナーです。


肝心な「改善目的」についてですが、大雑把に説明すると、病院は除痛が目的で、僕は関節を動くようにすることが目的です。僕は、もともとスポーツ現場を主体にしていたので、「痛くても動かせる体作り」を求められることが多かったです。一般の方でも、痛みは取れたけど体が動くようになっていなければダメと思う方がいますし、痛みはあるけれども、体が動くようになったことでOKを出す方もいます。


人それぞれ、何にOKを出すかは違いますが、僕はトレーニング指導者なので痛みを取ることを優先するよりも、体(関節)が動くようになることに、特化させることにしました。関節が動くようになることで、痛みも取れることもありますが、症状によっては、病院での治療と僕のストレッチを同時進行で行って頂くことがあります。といことを踏まえ、肩こり、腰痛、膝痛の改善は・・・


1.痛みを取りたい方は、整形外科病院へ
2.関節を動かせるようにしたい方は、僕のところへ
3.両方を改善したい方は、整形外科病院と僕のところへ



このように考えると良いと思います。って、こんなこと書いたら、僕のところに来てくれる人いないかな


【無料メルマガ配信中!】

yuichi-8.hatenablog.com