読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌ダイエットサポート|失敗しないダイエット思考の身につけ方

札幌で自分でダイエットに望んだけど上手くいかなかった方を対象に上手くダイエット出来るプランを個人サポートしています。

サポート開始1ヶ月で既に効果として現れてはじめていましたが、もう少しで2ヶ月というところで、こんなことがあったそうです。

ダイエットとウエストサイズダウン ダイエットと筋トレ ダイエットと腹筋 ダイエットと膝痛 失敗しないダイエット思考

● サポート開始1ヶ月で既に効果として現れてはじめていましたが、もう少しで2ヶ月というところで、こんなことがあったそうです。


ダイエットプランナーの佐藤雄一です。


2016年4月から週1回ペースで、個別サポートを開始した40代女性のお客様。


目的は、ダイエットではなく膝痛改善です。膝痛改善が目的ですが、ウエスト周りの筋肉の弾力性が低いと膝関節に負担をかけるので、横隔膜・腹横筋・多裂筋などウエスト周りの筋肉のストレッチや筋トレを行っています。サポート開始1ヶ月で既に効果として現れてはじめていましたが、もう少しで2ヶ月というところで、こんなことがあったそうです。


f:id:yuichi-8:20160602103821j:plain


フィットネスクラブに行って、一通り運動をしてお風呂に入り帰ろうとしたら、ロッカールームで「ウエスト細くなったね!」と、たくさんの会員さんから声をかけられ、それに対応していたらロッカールームから出るに出られなくなったみたいです。


写真があればお見せしたいくらい、ウエストが細くなりクビレが出来ました。


本来の目的は膝痛改善ですが、改善の過程でウエストが細くなりクビレるというのは女性にとっては嬉しい悲鳴ではないでしょうか?お客様は、まだ横隔膜にしても、腹横筋にしても、多裂筋にしても柔軟性や筋力は十分ではありません。現状でも、かなり見栄えが良い状態ではありますが、継続的にストレッチや筋トレを行って行けば、もっと引き締まりそうです。


実は、膝痛改善のためにおこなうウエスト周りのストレッチや筋トレって、ウエストを細くするための方法はあまり変わりがありません。なので、今回のような事例ってよくあります。


整形外科病院に非常勤で、腰痛や膝痛の患者様対象に運動療法に携わっていた時には、60代女性患者様が膝通改善の過程でパンツのサイズが13号から9号に変わったことがあります。13号から9号に変わりましたが、患者様には「歳を取って痩せると貧相に見えるし、パンツを買い直さないといけないから困る」って怒られたんですけどね。


ウエストの引き締めとは違いますが、膝痛改善のストレッチを施した翌日に体重を測ったら1.3kg落ちたという女性がいました。おそらくこれは、骨盤・股関節・膝関節まわりの筋肉が硬くなり血液・リンパの循環が悪くなっていたのが、ストレッチにより循環がよくなって老廃物がしっかりと流れたからだと思います。


みなさんウエストの引き締め(ダイエット)目的ではなく副産物として手に入れた結果ですが、副産物ではなく膝痛改善とウエストの引き締めは同時進行でサポートを進めていくことが可能です。同時進行がご希望な方は遠慮なく行って下さいね!


【無料メルマガ配信中!】

yuichi-8.hatenablog.com